借地権って知ってる?

私達にとって『財産』と呼べるようなものはたくさんありますが、『土地』などの有形物も、その一つです。
そしてそういった『財産』は様々な形で活用されます。
一般的に、住居などの建造物、商業施設、娯楽施設などを建設する為に用いられますが、それらを建設する際は、その土地を「使用する許可」を得なければなりません。
その許可はどのように得るのかというと、いわゆる『地主』から土地使用に関する契約を結ぶことになります。
それが、『借地権』です。
借地権とは、土地を借りる権利のことで、その土地に建造物を建てる目的等の為に借りることを希望する借主と、土地所有者(地主)の間で交わすものです。
これにより、自分が所有していない土地であっても、建造物を認可された範囲内で建設することができるのです。
借地権は、そのような場合に、欠かせない契約であり、権利です。

建造物を建設しようとする人は、いわばその土地を『レンタル』しているようなものです。
土地使用の為にお金を払い、それによって、契約期間内はその土地で建造物に居住、または営業などを行うことができます。
ただし、制限もあり、土地そのものは土地所有者のものであり譲渡されていませんから、借主が建造物の建て増しなどを行う場合には、土地所有者への許可が必要な場合があります。
また、土地所有者は正当な理由があれば土地使用者との契約を解約させることも可能です。
では次に、借地権の種類について考えてみましょう。